HOME >RECRUIT >VOICE >COOP STAND 江原登紀夫

ジャパンメイドの商品をストーリーと共に届けたい。COOP STAND 江原登紀夫

Creative/Organic/Object/Present

COOPSTAND(クープスタンド)は、Creative/Organic/Object/Presentをキーワードに、「日本の伝統的な手仕事や土地が育んだ素材によって作られ、今なお新しく感じるもの」「素材や技術を活かしながら、今の暮らしにそった変化を遂げるもの」このふたつをかけあわせ、ずっと愛着をもって使い続けたいものを提案しております。
オープンなスタンド形式のショップでは、作り手やブランド、ものづくりに関わる人達との繋がりを大切にし、オリジナルアイテム、パーソナルオーダーの展開、季節やテーマに沿ったイベントも開催しております。

お客様にものづくりの思いを繋げていくこと

モノを通じて人と出会い、繋がっていくことが一番のやりがいです。例えばSTAFF同士でモノの情報を共有するという繋がりはもちろんですが、取引先の方々やデザイナーや職人さん、作家さんなどとモノを通じてお客様にその魅力や良さを伝えていくことや、実際にその方々とお会いし、直接お話しを聞くことでお客様にものづくりの思いを繋げていくことが我々の仕事の最大のミッションでもあり、やりがいであると言えます。
銀座という土地柄、外国からのお客様も数多くいらっしゃいます。 そういった方達にモノだけではなく、作り手の思いや魅力を伝えていくことで日本の文化を知って頂き帰国されて日本の良さを広めて欲しいという願いがあります。その為に我々がやるべきことは日々商品情報を共有しアップデートし続けること。
そしてモノやヒトに対して情熱を持ち続けることがやりがいにつながっていると思います。

ストーリーを商品の付加価値として提案する

ジャパンメイドという一見限られたセレクトの中ではありますが、まだまだ国内には知られていない魅力的なブランドがたくさんあるという事を実感しております。
そういったブランドや職人さんとの出会いが大変嬉しく思いますし、より多くの方達に知って貰いたいという使命感が沸いてきます。また、前述にもありますが作り手の方々と直接お会いしお話しを聞かせて頂けることでお客様へただ売るという事ではなく、一緒にストーリーもお届けできることがこの仕事の醍醐味でもあります。
例えば、POPUPで取り上げさせて頂いた久留米のシューズブランドMOONSTARさんでは、一定の年齢以上の方は月星として認識しており懐かしいと手に取って頂いたり、若い年代の方にはトレンドのシューズブランドとしてお求め頂いたりといった違いがあるのが新たな発見でもありました。
そこでブランドのストーリーを商品の付加価値として提案することでより満足のいくお買い物を楽しんで頂く、これこそが我々の存在価値だと思います。

また来たくなるお店づくり

今後はより多くの人にCOOPSTANDを知って頂く為、銀座へ足を運んで頂いたお客様へ向けてブランドやカテゴリー毎のPOPUPを継続的に行っていきます。また、それぞれのSTAFFが日々サービスの向上に繋がるアイデアを提案し続けます。
活動としてはオリジナル商品やコラボ商品の開発にも注力しブランドと共にCOOPSTANDの認知度を広げると共に店舗展開を広げていく事も現在の最大の目標でもあります。
一歩目を踏み出せことで次の二歩三歩目もCOOPSTANDと関わりのある全ての方々と協力しながら進んでいき一つ一つの目標を達成させていきます。
お客様にとってまた来たくなる店の一つになる為に日々の活動があると信じております。

  • 新卒
  • 中途
  • 先輩に聞く
採用に関するお問い合わせ 株式会社ライヴス CONTACT