HOME >RECRUIT >VOICE >地域資源マーケティング事業部 鈴木祥子

Made in Japan のプロダクトを世界に発信。地域資源マーケティング事業部 鈴木祥子

ロンドンwagumiを拠点に日本の製品を紹介

ロンドンのテートモダンやNational Galleryなどが立ち並ぶテムズ川沿いのエリアに建つ商業施設OXO Towerの中に、Made in Japanのデザイン雑貨を販売するセレクトショップ「和組 wagumi」を当社では運営しています。
ここでは、まだ欧州では販売されていない日本の地域事業者の商品を、現地消費者に紹介・販売しています。
また小売だけではなく、この欧州の拠点を活用し、高い技術・品質のものづくりをしている日本の事業者の欧州における販促活動支援や、行政の地域活性化事業のご支援も行っています。

海外という新たなマーケットの開拓が必須

50年後に日本の人口は約6,000万人になると言われています。人口減少による国内マーケットの縮小を考えると、これからの地域活性支援事業は国内だけでの販路開拓支援だけでは不十分です。海外にも事業者の新しい販路先を確保することでこのリスクを軽減させていく必要があります。
また、デザインの美しさや品質・技術力の高さなど様々なポイントから商品を吟味し厳しい視点でモノ選びをする欧州のマーケットで販売実績を作ることは、商品に大きな付加価値を与えます。欧州の市場で商品のブランド力を上げたのちに、国内マーケットなどでの売上につなげていくという流れをつくることができるのではないかと考えています。

大切なのは、事業者とのビジョンの共有

販促活動の方法は、事業者が目指す「あるべき姿」が何なのか、どの程度の投資が可能なのかなどをヒアリングした上で、クライアントと一緒に検討していきます。
和組や現地連携先店舗でのプロモーション販売イベント、欧州展示会への出展サポートとその後の現地小売・飲食店への代理営業など、クライアントの状況・要望によって実施する活動は変わってきます。
まずはクライアントと一緒に目指すべきビジョンを共有し、そこに向かうためには具体的に何をすればよいのか、当社がこれまで実施してきた地域活性支援事業の実績や経験値を元にご提案します。さらには提案にとどまらず、プロジェクトが立ち上がった後には、ロンドンのスタッフやパートナー企業と連携し、自ら実行部隊となってプロジェクトの全体管理を行っていきます。
自国の文化があり、保守的な傾向の強い欧州においてMade in Japanブランドの商品を広げていくことは簡単なことではありません。 しかしながら高い技術力で作られる高品質の日本の商品を受け入れてもらえる素地が欧州にはあると考えています。
アニメだけでなく、Made in JAPANのプロダクトもクールなんだということ少しでも強く海外に伝えていければと考えています。

成功を収めた美濃和紙の企画展

例えば、岐阜県の職人が創る"和紙"を海外に広めるプロジェクト。行政との予算・企画会議に始まり、ターゲット市場であるイギリスへの物流業務、現地のアートディレクターと組んでイベントの企画から施工、テストマーケティングの実施、売上の分析まで。ロンドンのスタッフと連携しながら一から進めていきました。 まだまだ欧州での認知が広まっていない和紙をどう効果的にプロモーションしていくのか、既成概念にとらわれない新しい和紙の見せ方はないのか、日々悩みながら時には現地のアートディレクターともぶつかることもありました。
ですが、商品が現地メディアで絶賛されたときの達成感は、まさに一生モノ。来場者から、「こんなに繊細で美しい製品を作ることができる日本人は素晴らしい!」とのコメントをいただいたときには、本当に誇らしい気持ちになりました。

  • 新卒
  • 中途
  • 先輩に聞く
採用に関するお問い合わせ 株式会社ライヴス CONTACT